【カナダ留学】よくある質問

このページではカナダ留学や留学全般のことなど、GO AND SEEによく届く質問をご紹介しながら、随時追加していきます。ここにない質問、またあるけどさらに確認したいなど、質問や相談があればいつでも気軽にご連絡ください!

【カナダ留学】よくある質問

費用の支払い、サポート料

サポート料、登録料、その他手数料などはかかりますか?
留学エージェントというのは学校から紹介料が出ていて、弊社はその紹介料のみで運営しているため、特に皆さんに別途費用の請求などはしていません。留学エージェントに費用を使うよりも、その分旅行をしたり、アクティビティをしたり、お土産を買ったり、友だちとご飯を食べに行ったり、現地で少しでも滞在を楽しむための費用として使っていただければと思っています。ただ学校紹介料のみで運営しているため、学校に通われない場合はサポートができませんのでご了承ください。サポート対象はGO AND SEEで学校にお申し込みをされた方のみとなります。
学校費用の支払い先は学校ですか?留学エージェントですか?
支払い先はご希望に合わせて調整することができます。安心して手続きができる方法を選択されて問題ありません。
留学奨学金の申請のため、事前に見積もりの書類が必要になりますが発行可能ですか?
弊社から留学期間や項目ごとに分けた詳細のお見積もり書をお送りできます。学校からの書類やその他必要とされる書類がある場合はお知らせいただければこちらで手配していきます。今までに奨学金の申請をされた方は問題なく手続きされていますのでご安心ください。

留学先の都市

ワーホリを考えていますが、都市部と小さな町で迷っています。決めるポイントはありますか?
より英語力を伸ばせる環境に身をおきたいという人には小さな町で現地コミュニティの人たちとたくさん関わりながら留学生活を送るのがポイントになります。世界中から移民や留学生が多く集まる場所で多様な文化に触れたい、英語ができなくても仕事が見つかりやすい、日本語でも情報がたくさん手に入る安心場所が良いという方はバンクーバーやトロントなどの人気の留学先が良いかもしれません。特に語学留学では日本語の環境があるとどうしても英語の伸びが遅くなってしまうことが多いので、初めはケロウナなどの小さめの町でみっちり英語を習得し、その後バンクーバーのコーププログラムなどで実践経験を積むといった形もおススメです!
バンクーバーやトロントはアジア系も多いと聞きますが、ケロウナはどんな感じですか?
トロントは人口の約50%が移民で、そのうち50%強がアジア系、バンクーバーも同様に人口の50%が移民で、そのうち70%強がアジア系です。ケロウナは人口の約15%が移民で、そのうち30%弱がアジアからの移民となっています。普段ケロウナで生活をしていて体感的にも現地の人の割合は非常に多い環境です。地元のカナダ人の友だちは増えますが、美味しい飲茶や日本食が恋しい時はバンクーバーに行きたくなります!
カレッジや大学への進学にも興味があります。ケロウナにそのような選択肢はありますか?
ケロウナには公立カレッジのオカナガン・カレッジ、国立大学のUBCオカナガンキャンパスがあります。オカナガン・カレッジでは英語をはじめ最も先端的なスキルが学べる様々なディプロマコースが充実していて、大学への編入も可能です。またUBCはカナダのトップ3に入る名門大学で、学部と院を合わせて100近くのプログラムを持っています。教授たちとの距離が近いのも特徴です。大学・大学院のプログラム以外にも、大学で必要な英語力の習得を目指すアカデミック・ファンデーションコース、短期で取得できる資格コースなど様々な選択肢があります。

語学学校、カレッジ、大学

英語力はゼロでも大丈夫ですか?
英語がまだまだできないと感じるから皆さん留学されます。なので英語力がゼロでも全く問題ないですし、開き直って、今ある英語力でいろんなことに挑戦してみるのが大事なポイントです!英語でどうしても難しい時はGO AND SEEにいつでも連絡して大丈夫ですのでご安心ください!
学校では初級からクラスはありますか?
どこの学校も初級から上級までクラス分けがされています。規模が大きい学校はさらに細かくクラス分けがされていますが、英語に自信がなくても規模の大小に関わらずほとんどの語学学校に通学できます。
どれくらい通学したら良いですか?
現在の英語力、そして留学後にどれくらいの英語力を身につけていたいかによって異なります。英語には自信がなくて初めて留学するという方は少し慣れてくるのに少なくとも半年はかかります。カレッジや大学を目指すにはもっと長い時間がかかりますし、すでに英語の経験があるような場合はもっと短くても現地で仕事が探せたり、一人一人のケースによって異なりますので、期間で迷われている方はぜひ一度GO AND SEEにご相談ください!
英語+アルファを学びたいのですが、どのような選択肢がありますか?
英語力や留学期間によっても選択肢は変わってきますが、語学学校であればビジネス英語や試験対策コース、英語教授法を学ぶTESOLなどもあります。もっと英語力も上がると専門コースを受講することもできるようになり、ビジネスやホスピタリティ、コンピューター、IT、グラフィックデザインやウェブ関連のコースなどもあります。
コープ留学って何ですか?
カナダ留学の一つのおすすめポイントとも言えるのがコープ留学です。これは専門学校での学びと、実際の就労経験と、半分ずつ経験できるもので、例えば2年間のコーププログラムを受講すると、1年間は専門学校で専門分野の勉強をして、後半の1年間は専門分野に沿った職場でインターンシップ(コープ)をすることができます。2年間だけでなく1年間(半年学校、半年インターンシップ)など期間はコースによってもいくつか種類があるので、学びたい分野や留学可能な期間などから決めていくと良いです。
一般英語コースを受講したい場合、公立カレッジや大学附属の英語コースと語学学校とどちらの方が良いですか?
英語コースだけに限って考えますと語学学校は英語を学びたい方に特化した形で学校環境やプログラムを考えているため、授業以外の放課後のアクティビティの量なども含めとても充実しています。公立カレッジや大学附属の英語コースは進学したい方や、日本の大学からグループで留学に来る方も多い環境になります。そのまま進学を考えている方や大学という環境で留学してみたい方、留学先の名前が重要な場合などでなければ、内容の充実度やスタッフのサポートの良さなどは語学学校の方がおススメです。

ホームステイ

ホームステイは当たり外れがあると聞きますが、実際はどうですか?
当たり外れがあるのも事実です。ホームステイ先に問題がある場合は学校もすぐに変更するようにサポートしてくれますが、ホストファミリーも人なので、性格が合う人と合わない人がいるのも仕方ありません。そのような性格の違いで「外れ」と感じる方もいますし、週末にどれくらい一緒に行動してくれるか、食事が合うかなど、当たり外れの感じ方もそれぞれです。ホストファミリーとの時間も大事にしたいという方は人気の都市部以外を留学先に選ぶと良いです。都市部ではどうしてもビジネスとしてホームステイをしているところや、忙しくてあまりたくさん相手ができないというファミリーも多いです。少し田舎の方の留学先を選ぶとホストファミリーが優しいところがほとんどで、一緒に時間を過ごしてくれたり、一緒にどこかに出かけたりしてくれるところが多くなりますので、ホームステイが心配な場合は主要な都市部以外を留学先に選ぶと良いです。
リクエストは出せますか?
家族構成、ペットの有無、食べられないものなどはリクエストが通りやすいポイントです。その他にもリクエストがあれば入学手続きの際にお知らせいただいていますが、全てご希望が通るわけではないのでご了承ください。
夕飯が食べれない日などはホストファミリーに伝えた方が良いですか?
食事の時間にホームステイ先に帰れないような場合は必ず連絡をしましょう。ホストファミリーも食事が必要だと思って準備をしてくれていますので、もし食事がいらない場合は連絡するようにしましょう。
英語に自信がないのですが、ホストファミリーの方とコミュニケーションできますか?
多くのホストファミリーは経験もあり、英語ができないから留学をしていることも理解してくれています。最初は筆談でも、ジェスチャーでも、どんな方法でも伝えたいことがあれば伝えていけば全く問題ありません。
ホームステイ先で自分の時間はありますか?
ホームステイ先には自分の部屋もあるので、自分の時間を作ることももちろんできます。学校の宿題をしたり、そのほかやらなければいけないことをやる時間も必要です。ただあまり部屋に閉じこもってしまうのももったいないので、部屋にいなければいけない時間以外はできるだけ部屋の外に出て、ホストファミリーとの時間を共にするようにしましょう。それが英語上達の近道です!

フライト・航空券

航空券は自分で手配をしなければいけないですか?
航空券の手配のサポートをご希望の場合は、GO AND SEEが提携している留学生向けの航空券を扱っている日本の代理店をご案内できますのでお知らせください。
学校は申し込まないのですが、航空券の手配サポートだけの利用は可能ですか?
航空券手配のサポートだけでも問題ありません。ご希望の場合はお名前や渡航時期、利用される空港など確認の点がありますので、GO AND SEEまでお問い合わせください。
直行便の方が良いですか?
直行便は経由便と比べるとやや高くなりますが、トラブルも少ないので、初めて留学される方や何かあったときに英語で説明ができる自信がない方は直行便を使われることをお勧めします。
どこの航空会社が良いですか?
航空会社のお勧めは特にありません。航空会社によってチケットのタイプも異なるので、検討している航空会社やそのチケットの種類だと預ける荷物が何キロまでなのか、食事がついているのか、キャンセルや変更ができるのかなどを見ながらご希望に合う航空券を見つけることが大事です。

海外旅行保険・現地の保険

海外旅行保険は自分で手配をしなければいけないですか?
海外旅行保険も航空券と同様に手配のサポートをご希望の場合は、GO AND SEEが提携している留学生向けの海外旅行保険を扱っている日本の代理店をご案内できますのでお知らせください。
学校は申し込まないのですが、保険の手配サポートだけの利用は可能ですか?
航空券と同様に保険手配のサポートだけのご利用も可能です。お知らせいただく必要事項がありますので、GO AND SEEまで一度お問い合わせください。
保険のお勧めはありますか?
保険会社に関するお勧めは特にありませんが、種類が様々なので、いろいろな種類があってよくわからないという場合はGO AND SEEが日本の代理店の担当者の方をご紹介しますので、一度相談してみると良いと思います。相談した結果、違うところで購入するとなってももちろん問題ありませんのでご安心ください。
日本の保険、現地の保険、どちらが良いですか?
日本の海外旅行保険は荷物の盗難やフライトのトラブル、その他様々な不測の事態でカバーされる内容があります。現地の保険は医療保険がメインとなっているものがほとんどですので、日本の海外旅行保険の方が安心でお勧めではあります。ただ現地の保険の方が費用だけ見ると安いので、どうしても資金がないという場合は現地の保険のみでも可能ではありますが、何かトラブルがあったときに結局大きなお金がかかってしまうというリスクがありますのでご注意ください。またGO AND SEEが提携している留学生向けの海外旅行保険では現地の保険を補うような日本の保険プランもありますので、ご希望の方はお知らせください。

英語の勉強

留学前は英語の勉強をしておいた方が良いですか?
語学留学は特に英語ができないから留学をするので、英語力が足りない!ということはありませんが、留学中により多くの英語が吸収できるように少しでも事前に英語を勉強しておくのは大事なことです。大学の入試で出てくるような英語を勉強しておく必要はありませんが、中学生で習うような基本の簡単な英語が実は日常会話でもたくさん使うことができるので、簡単な英語の文章や単語を勉強し直しておくと良いです。
渡航前に英語の勉強を少しでもしたいのですが、良い方法はありますか?
たくさんのリスニングやリーディングのクイズができたり、試験対策ができたり、その他毎日楽しみながらも役に立つ英語がたくさん出てくるものもあります!こちらのページで紹介していますので、よかったら参考にしてみてください!https://www.goseelearning.com/english/learning-website/

現地の生活

日本食は手に入りますか?
地域によって異なりますが、田舎の方に行ってもスーパーで日本の調味料などは手に入ります。あとはアジア系のスーパーを探すと日本食の基本的な調味料などが手に入るので便利です。