2020年学校費用について

今日は2020年に留学される方で、2019年内に申し込みをされた場合の語学学校やその他専門学校やカレッジ、大学などの費用について少しお話します。学校や滞在費用というのは毎年上がっていく、2年か3年に一度上がっていくことが多いので、来年留学を考えているけど、料金が上がってしまう!ということもあるかもしれません。学校ページを見ながら費用の計算をしたいけど、2019年料金で計算をしてよいのか、2020年の料金になるのか、割引キャンペーンは適用されるのかなど、わかりにくい部分もあると思うのでご案内していきます。
Kelowna

2019年料金、2020年料金、どちらが適用されるの?

これは学校によって規定が異なり、毎年学校からも発表があります。「2019年12月31日までにお申込みされた場合は2019年料金が適用されます」というような場合もあったり、「2019年10月31日までに申し込みをされると2019年料金が、11月1日以降の場合は2020年料金が適用されます」というような場合もあります。例として以下の語学学校CCELのページのリンクを貼りますので、学校ページにこの注意事項は記載するようにはしていますが、記載がない場合、もしくはわかりにくい場合はいつでもご連絡ください。

CCEL

CCEL(カナディアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ)CCELはバンクーバーの中心部にある語学学校で、専門学校のCanadian Collegeも併設しています。親身になって相談にのってくれる日本人カウンセラーのサポートもあ[…]

CCEL Canadian College

ホームステイ料金

ホームステイ料金はまた少し違う場合があります。こちらも学校により異なるのですが、入学金や授業料は2019年内の料金が適用されるのに、ホームステイ費用は2020年の料金が適用されるというケースもあります。もしホームステイをされる場合はこの点は授業料よりもわかりにくくなっている場合があるので、一度お問合せください。学校にもこちらから確認をしていきます。

割引キャンペーン

割引キャンペーンは注意事項の「何月何日まで」と記載していることが多いですのでそれほどわかりにくい部分ではないかもしれませんが、時々「年内にコーススタートの方が対象」となっている場合がありますのでご注意ください。またキャンペーンはお申込み時点の2019年のものが適用されても、その他の料金(入学金、教材費、ホームステイ代など)は2020年の料金となっていることもあります。

専門学校、カレッジ、大学の料金

語学学校では上記のように、2020年の留学であっても2019年内に申し込みをすることで2019年の料金が適用される場合がよくありますが、専門学校やカレッジ、大学に関しては多くの場合が2020年に入学する場合は2020年の料金になります。私立の専門学校の場合は語学学校と同じように年内の料金が適用される場合もありますが、そのような学校があまり多くないと言えます。

 


 

自分で見てみたけどわからない、計算が合っているか心配という方も多いと思いますので、質問や相談などありましたらお気軽にお見積りフォームをお送りください。費用の詳細をご案内していきます。

お見積りフォーム

[wpforms id=”2531″ title=”false” description=”false”]