【2024年1月22日発表】カナダ学生ビザに関する変更点

カナダ政府は今後2年間の学生ビザ発給数の上限を設定することを発表しました。また、追加の必要書類や、カレッジ・大学のプログラム卒業後に取得できるワークビザ(PGWP:Post Graduation Word Permit)の変更についても発表がありましたので、ポイントをご案内します。

今回の学生ビザの変更点

学生ビザの新たな発給数を設定

今年から実施される発給数の上限設定では、2024年の枠は約36万件になることが予想され、2023年から35%の減少となる見込みとのことです。

州ごとの発給数を割り当て

公平性を考慮し、各州および準州ごとに人口に応じて個別の上限が設定されます。

各州、準州からの認証書(Attestation Letter)

1月22日以降、移民局に提出されるすべての学生ビザ申請には州または準州の認証書(Attestation Letter)が必要となります。各州および準州は2024年3月31日までに学生に認証書を発行するプロセスを確立する予定です。

今回の決定の対象外となる人

以下の学生ビザについては枠の制限に関係なく、今回の変更の対象外となります。

  • 修士や博士課程のプログラムを受講する学生
  • 小学校から高校までの教育を受ける学生
  • 既存の学生ビザ保持者

PGWP(Post Graduation Work Permit)変更点

今回の変更ではカレッジや大学などのプログラムの卒業後に取得することができるPGWP(Post Graduation Work Permit、ポストグラデュエーションワークパーミット)の資格基準も変更されます。修士号およびその他の短期の大学院プログラムの卒業生は近く3年間のワークパーミットの申請が可能になります。現行の基準では、ポストグラデュエーションワークパーミットの長さは個々のプログラムの長さだけに基づいており、修士号の卒業生は労働経験を積む時間が制限され、永住権へ向けた卒業後の計画の妨げにもなっていました。

また今後数週間で、修士および博士プログラムの留学生の配偶者にのみオープンワークパーミットが利用可能となります。他のプログラムのレベル、学部や専門学校のプログラムに在籍する留学生の配偶者は対象外となります。

今回の変更から、今後について

カナダ留学、ワーキングホリデーに行こう!

これらの措置は2年間有効で、2025年に新たなビザ申請の受け入れ数が再度検討されます。カナダ政府によるとこれらの対策は、本当に学生が必要なサポートを受け、カナダでの学習体験を向上させる一方で、総学生数を安定させ、住居や医療への圧力を和らげることを目的としているとしています。

※正しい情報はカナダ政府公式のウェブサイト等をご確認ください。

参考:カナダ政府公式ページ → https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/news/2024/01/canada-to-stabilize-growth-and-decrease-number-of-new-international-student-permits-issued-to-approximately-360000-for-2024.html

GO AND SEE! はカナダ政府公認のビザコンサルタントと学生ビザ申請サポートを行っています。

学生ビザ申請には急な変更があったり、必要書類が複雑になったりと不安なこともたくさんあると思います。GO AND SEEはそんな不安な方でも安心して留学準備が進められるよう、GO AND SEEから学校に入学お申し込みをされた方に学生ビザ申請サポートを行っています。不安な点や質問、相談などありましたらお気軽にご連絡ください。

    留学相談フォーム

    お問い合わせ後のしつこい勧誘やメーリングリストの登録などは一切ありませんので、気軽に相談してください!

    *印の欄は必須項目です

    名前(姓)*

    名前(名)*

    メールアドレス*

    その他のメールアドレス

    ※メールアドレスに誤りはありませんか?弊社からご連絡できなくなってしまいますので、誤りがないか再度ご確認ください。

    年齢層*

    渡航するビザの種類*

    ご検討中の学校やプログラム

    渡航予定時期*

    通学期間*

    ご質問、ご相談

    GO AND SEEをどこで知りましたか?*